改めて実感するレビトラ|これでもう勃起不全に悩まない

人気のED治療薬を通販

ED治療薬のイメージといえば・・・とにかく高い。
病院から処方を受けたことのある男性であれば、誰しも感じたはず。
特にドイツの“バイエル”という製薬会社が製造販売を行っている「レビトラ」は、1錠が1500~1800円もします。
「こんな高い薬を継続して服用できるか!!」というのが本音だと思います。
EDは、健康保険が利かない治療となり、受付で保険証の提示をする必要もありません。
そのせいで、治療したくても高価なあまり治療を断念せざるを得ない男性もいるくらいです。
何か重い病気へと発展することはありませんが、重症化してしまう事はあります・・・。
できることなら高い治療費を払ってでも治療はした方が良いと言えます。
しかも、誰もが経験できる当たり前の幸せであるSEXを諦めるのは間違いなく苦痛なはず。
そこで今回は、この価格の問題を解決してくれるED治療薬をご紹介。
きっと困っているあなたの救いの手となってくれるはずです。
その薬は、インド製のレビトラジェネリックです。
少し知識がある人には分かると思いますが、レビトラは特許期間中となるので本来であれば、ジェネリックが存在するはずがありません。
ここでポイントとなるのが、「インド」です。
この国の特許は少し他の国とは異なることがあり、法律の話は割愛しますが、特許期間と関わりなく同一成分で薬を製造することが出来ます。
つまり合法的にレビトラジェネリックを製造することが出来てしまうんです。
しかも価格は1/10ほどにまで抑えることが出来るので、1錠が数百円で購入できます。
種類が複数あるので、まとめると次のような商品があります。
・バリフ
・ブリトラ
・ジェビトラ
これら製品の主要成分はどれも「バルデナフィル」となり、先発薬と変わらぬ成分が同量で含まれています。
低価格であるにも関わらず、「即効性」や「最大10時間の持続性」「食事の影響を受けにくい」などの特徴もそのままとなっています。
つまり、レビトラジェネリックに切り替えてもED治療薬としての効果をしっかりと発揮してくれます。
国内での入手は不可能ですが、海外通販で購入することができます。
「海外通販の経験はない・・・」という人でもカンタンに購入できてしまいます。
やり方は国内通販と同じで、検索してサイト内で購入するだけです。
少し違うのは、海外配送となるので到着までには10~14日ほどかかります。
なので予めまとめて注文する方が、「肝心な時に薬がない・・・」なんて事も回避できるはずです。