改めて実感するレビトラ|これでもう勃起不全に悩まない

勃起不全を徹底解明

「なぜ、勃たない…」なんてこと経験した覚えは1度はあるはず。
「疲れが溜っていた」、「ストレス」、「お酒の飲み過ぎ」など理由はいくらでもあって、思い当たる節も検討してみると幾つかあるはず。
ヒトなんだから生理現象の1つも起こらない時はあります。
ただ、たった1回のことが勃起不全を招く原因となることが有ります。
身近にある要因がトリガーとなることが多いので対策のために、あるいは既に悩んでいる人のために、原因・症状を徹底解説。
これを参考にすることで「自分はこれがきっかけになっていたのか」と気付けるチャンスかも知れませんよ。
もし治療が必要なじ状態であれば、「何が引き金になっているか」を知ることで早期改善を目指すこともできます。

【勃起不全を起こしてしまう3つの要因】
この病気の原因は簡潔に言うと「血液の流入の不足」とされています。
これから見ていく要因はすべて、これにつながっていきます。
若者でも発症の可能性はあり、現に増加傾向にあります。
決して人事ではなく、男性であるなら共通の問題です。
◎からだの健康
健康であるが故に立派な勃起状態を起こせます。
健康を損ねてしまうことで男性は苦しむことになります。
特に多いのが40代の加齢による「動脈硬化」。
文字通り、血管が硬くなってしまうので血液の通り道が狭くなってしまいます。
他には「糖尿病」。
糖尿病患者の半分はEDと言われ、不規則な生活は性生活に大きな打撃を与えてしまいます。
日頃の生活を見直す必要アリ。
◎こころの不具合
これは若者が中心に多いとされています。
・対人関係
・夫婦仲
・幼少期の体験
・SEXの失敗経験
など、"現実"あるいは"過去"のことがトリガーになり、自律神経のはたらきを鈍くさせてしまいます。
正確な情報伝達が行えなくなることで、こころの問題が勃起不全となって現れてしまいます。
◎薬に頼り過ぎは禁物
薬はからだの健康あるいはこころの健康を整えてくれ、私たちの生活には欠かすことができないものです。
ですが時として使い方を誤ってしまうと、勃起に問題を起こすようになります。
一番身近なものとしては市販の「風邪薬」。
これは中枢神経に作用するので、風邪を引いたからといって多量に飲んでしまうと勃起を起こすのが難しくなってしまいます。
風邪の時に、性欲が一時的に断たれますよね?
それは風邪の影響ですが、薬の影響であることも忘れずに。

【勃たないだけが症状ではない】
勃たない事ばかりでなく、行為中に萎えてしまう「中折れ」も症状の1つ。
また、こうした事を苦痛と感じるようなるのであれば、発症している可能性が高いです。
治療することは可能です。
しっかりと治して、悩みから解き放たれましょう。