改めて実感するレビトラ|これでもう勃起不全に悩まない

効き目が早いレビトラ錠

【レビトラとはどんな薬か】
ED治療薬として国内ではバイアグラに次いで2番目に承認された薬になります。
製造販売を行っているのは、解熱鎮痛剤である「アスピリン」などの販売で有名なドイツの「バイエル薬品」が行っています。
オレンジ色の円形が特徴となり、保険が適用されない治療も特徴となります。
従って全国どこの医療機関に受診しても保険なしの自費負担での治療となります。
国内では2004年から処方がスタートしていて、現在は5mg/10mg/20mgの3種がありますが「5mg」はあまり効果がないので取扱がない病院も多いようです。
レビトラの錠剤が入っている箱には「マッチの火」がデザインされていますが、これはマッチのように擦ればスグに着火するのをイメージしていて、実際にこの薬の最大の特徴は「速効性」となっています。
またバイアグラやシアリスと言ったED治療薬は錠剤が大きいのですが、レビトラの錠剤は小さく飲み込むことが苦手な方にとっても飲みやすくなっているのも特徴の一つです。

【レビトラの成分】
成分にはバルデナフィルが使用されています。
この成分の性質としては、「水に溶けやすい」ということが挙げられ、体内での溶け出しがED治療薬の中でもっとも早いです。
早い人では15~20分ほどで効き始め、必要な時に飲んでスグに効果が発揮されることから、急な時でも焦らず服用することが出来るはずです。
また持続性にも優れていて、服用から20mgで最大10時間の持続性が期待できるので一晩のSEXには十分な持続力をもっています。
中には一晩だけじゃ物足りないと言う方もいらっしゃると思います。
ここではレビトラの紹介となる為、深くは説明しませんがもっと長い効き目が良いと言う男性にはシアリスがオススメです。
勃起力はレビトラよりも劣りますが、ソフトな効き目で最大で36時間もの間、持続しますので週末に服用した場合日曜日までシアリスの効果が持続します。

【作用】
ED治療薬として得られる効果は勃起不全改善効果です。
血液の通り道が拡がらないことで、「血液の流入不足」を招いてしまい男性は勃起不全を発症します。
成分であるバルデナフィルが、勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼ-TYPE5」を阻害することで血管の拡張を促進する物質の分解を防ぎます。
その結果、血管が十分に拡がり、多くの血液がペニスに向かって送られるようになります。
「勃起できない…」という症状を改善するだけでなく、「中折れが…」というようなSEXが最後まで行えない状態なども改善することができます。
勃起不全はこうした薬を服用すること改善できます。
諦めたりしてしまう前に一度は服用を試みてみてください。

【比較】
実際にED治療薬を飲んでみようと試みたけど、種類も多くどれを選んで良いかわからないと言う方は実際にいらっしゃると思います。
三大ED治療薬を簡単に説明するとまず強い勃起力の効果があるが、食事に左右されやすく副作用も起こりやすいのがバイアグラ、即効性に優れバイアグラ程ではないが、勃起力の効果のあるレビトラ、自然な勃起を促し、緩めの勃起力の効果があるのがシアリスとなっています。

ED治療薬バイアグラの効果・副作用を確認する